老け顔にならないために|肌の見た目をキレイにするためには美容外科でしみ治療をしよう
女性

肌の見た目をキレイにするためには美容外科でしみ治療をしよう

老け顔にならないために

整形

ほうれい線が深くなっていくと、「おばちゃん顔」になっていきます。笑った時にほうれい線が出るのはいいですが、真顔の時にはほうれい線が目立っていると老けて見えますし不機嫌にみられてしまいます。ほうれい線が目立つ原因は、大きく分けて3つあります。1つは骨格の問題で、前歯が出ている人ほどほうれい線が目立ちます。この場合、歯列矯正や口の周りの骨を削る必要があります。2つめが顔の筋肉の衰えで、顔がたるむことでほうれい線が目立つようになります。顔をよく動かして筋肉を鍛えることが必要です。3つめの原因は、顔の皮膚にハリがなくなってしまうことです。乾燥や加齢によって潤いが減少してしまうからです。この場合、ヒアルロン酸で補うのが効果的です。

ヒアルロン酸を含む化粧品も多く販売されていますし、サプリメントとしても販売されています。しかし、ほうれい線に直接働きかけるには、美容クリニックでヒアルロン酸を注入することです。注射するだけなので短時間で終わり、すぐに効果を実感することができます。注射なので、場合によっては内出血を起こすことがありますが、化粧でカバーできます。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分でもあるので、副作用の心配は少ないです。しかし、注射をするという行為にはリスクがあります。腕の未熟な医師が行うと、血管を傷つけてしまったり、注射するべきところに注射できなかったりするケースです。腕の確かな信頼できる医師に施術してもらうことが大切です。