レディー

肌の見た目をキレイにするためには美容外科でしみ治療をしよう

アフターケアが大切です

女の人

レーザー治療の豆知識

しみ治療には、レーザー治療が最も効果的とされています。しかし、レーザーには様々な種類があり、メラニンが皮膚のどの層に達しているかにより、適した治療法も変わってきます。メラニンが肌の浅い部分、表皮にあるシミの場合は、ルビーレーザーやアレキサンドラレーザーが有効です。浅く広い範囲に効果を発揮するので肌の引き締め効果もあり、しみ治療だけでなく美肌も実現できます。メラニンが、肌の深層部にまで達しているしみの場合は、ダイオードレーザーやYAGレーザーが有効です。しみだけにピンポイントで作用するので他の組織を傷つけないほか、肌の若返り効果もあります。また、他の治療法と比べて、少ない回数で効果が実感できるのも特徴的です。

白い肌をキープするために

しみ治療において注意しなければならないのは、治療後のアフターケアです。レーザー治療後は、肌内部がむき出しの状態となっており、紫外線のダメージを受けやすい状態になっています。そのため、しっかりとUVケアをしなければ、色素沈着や、新しいしみができる恐れがあります。しみ治療をしたあとは、普段よりもしっかり目にUVケアを行い、曇りのない肌をキープするように心がけましょう。治療をすれば、その後一切しみができなくなるのではないと、心に留めておくことが大切です。肌が不安定な状態にあるのは、治療後3か月間とされています。できれば、紫外線量の多い夏に行うのではなく、秋から冬にかけてしみ治療を行うのがベストと言えるでしょう。

肌を美しくする秘訣

婦人

肌の質感によって見た目の年齢が決まります。しわやたるみは老いて見られる原因の一部でもありますから、美容整形を利用して若返りを行う手もあります。コンスタントに行えば張りのある肌を保つことが出来るでしょう。

詳細

肌のたるみを解消させる

ウーマン

ウルセラは、切らないフェイスリフトと呼ばれる画期的なたるみ解消のための美容方法です。特殊な超音波を肌に当て、筋肉の細胞を引き締めることでたるみを解消させることが出来、痛みも無くダウンタイムもないので、術後も快適に過ごすことが出来ます。

詳細

老け顔にならないために

整形

ほうれい線が目立つ原因は3つあります。骨格の問題、筋肉の衰え、そして潤い不足です。潤い不足ならば、ヒアルロン酸を注入してほうれい線を目立たなくすることができます。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので副作用の心配はありません。

詳細